.

私は以前曾祖母の介護をするためにある病院で行っていた介護の講習会のようなものに参加したことがあります。その病院はそもそも私の親戚が看護師をしているところで、その関係でその講習を受けさせてもらいました。 講習の中身は介護の心構えといったものから、介護される側の体を移動させるときのコツ、そして入浴時の介護法といったようなものでした。すべてがとても勉強になったのですが、特に役に立ったのは体を移動させるときのコツについてです。ちょっとしたコツで体の重い人でも簡単に移動させることができるので、体の小さかった曾祖母ですが、介護をするときにはすごく役に立ちました。 そして介護に役立つというと様々な介護用品も思い浮かびます。私が介護を行っていたときには、電動式のベッドや車椅子といったものの他にもいろいろ便利な用品がありました。こぼした食事を受け止めてくれるエプロンやそのまま椅子にもなる携帯用のトイレなどがありました。