.

長時間デスクワークをしていると腰が痛くなる、こんな経験がありませんか。長時間デスクワークをしていると、いつの間にか姿勢が悪くなってきます。悪い姿勢は腰に負担がかかり腰痛を誘発します。椅子に座るときは正しい姿勢を維持しましょう。 正しい座り方をすると骨盤の上に背骨がのり背筋が伸びます。背骨の一番下、少し出っ張った骨の上に上体をのせるイメージで座りましょう。骨盤の上に背骨がのる座り方ができるように考えられたクッションもあります。このようなものを利用するのもよいでしょう。 正しい姿勢を維持しようとしても時間が経つと猫背になっていることが少なくありません。ときどき姿勢を意識してただすようにしましょう。 よい姿勢を保つのは疲れます。疲れたら1,2分休んでまたよい姿勢に戻しましょう。 マウスやキーボードと椅子の位置も姿勢に影響します。キーボードを使うときに肩が前に出ず、ひじが直角になる位置に座ると疲れにくくよい姿勢が保てます。 これらの気をつけて姿勢を正せば、腰への負担が軽減し腰痛を予防できます。