.

自動車重量税、略して重量税という税金は日本の自動車や外車というような自動車の生産国やプラグインハイブリッド車、ロールーフ車等車の形状も関係なく、ホンダやボルボ、等でも同様に納付しなくてはならないものなんです。

新車登録のさい、もしくは定期車検のさいに支払う必要があるものです。

この金額はそれぞれの車の重量により決められています。

「自動車重量税」と「自動車税」を比べると全然別の税金なので基礎を学んで一緒にしないようにする必要があります。

「自動車重量税というものはクルマの車重毎に」「自動車税というものは車のリッター数で」その金額が違います。

それにより買い取りする場合の扱いも異なりますから注意が必要です。

自動車の買い取りの時には既に支払った車の税額がどれだけあっても、その金額が返還されるということはないのですが、一方で自動車税でしたら、既に納めた税額を査定額に乗っけてくれることがあるものの、重量税の場合は上乗せしてくれるということはなかなかないでしょう。

重量税については車を売るときに納付済みの税額があるからと言って自動車買い取り専門店にてその事実が忖度されることはまずないです。

なのでその次の支払いつまり次の車検まで売らずに待ってから買い取ってもらうというのが一番良いと思います。

自動車買い取りの時は戻ってこない重量税でも例外的な事例でしたら返還されることがあります。

これに当てはまるのは次の車検までの期間が残っている愛車を廃車にする時です。

要するに、抹消登録をすると、残っている期間に応じた金額が返金されます。

ただ、車の買い取り時はその自動車が廃車になるのとは違うので戻ってきません。

さらに、売却する自動車の名義を変更した際や盗難被害に遭った時なども還付を受けることはできません。

自動車重量税の残っている期間がある車を手放すことは要するに車検の効力がまだある中古車ということになります。

そのことを買取側も忖度しますので、自動車重量税の残存期間があればそこそこ査定額があがることでしょう。

当然売却額は買取業者次第で異なりますが、車検の効力がまだあるということが考慮されれば、売却する自動車の売却額と比べるとそこまで払い損ということもありません。